知ってましたか?ヘルペスウイルスは基本的に一度感染すると一生付き合って行かなければいけないウイルスです。ウイルスの活性化を抑え、しっかりと知識をつけて生活するだけで発症を免れるのです。

ヘルペスは接触感染でうつることがほとんど

キスをするカップル

出来てしまう口唇ヘルペスや、性器に出来てしまう性器ヘルペス。
これらの原因ともいえる単純ヘルペスウイルスは、感染能力が高いといわれており、唾液や体液、患部への接触など、主に接触感染によって起こることがほとんどです。
患部を良く観察し、水ぶくれなどの症状が出ている時期は、大量にウイルスを排出しています。
このウイルスが大量に排出されている時期は、初めてこのウイルスに感染してしまったり、免疫力があるが不規則な生活やストレスによって抵抗力が落ちてしまっている人は、ヘルペスに感染する可能性が高くなってしまいます。
口唇ヘルペスの場合は、主に家族間での感染が多くみられます。

その背景は、小さなお子様と親がキスをして接触感染をしたり、患部を触った手で相手に触れることで、気づかないうちに接触感染し、拡大している可能性があります。
一方で性器ヘルペスは主に性行為で感染します。
ヘルペスが出来ている性器で性行為をしたり、口唇ヘルペスができた状態でオーラルセックスで性器にうつることで、性器ヘルペスを発症させてしまうケースがあります。
接触感染しやすいのは、これらの症状が出ているときです。
皮膚表面だけではなく、粘膜や唾液、精液など体液にウイルスが潜んでいる場合があります。
そして厄介なのは、自覚症状が全くないまま、知らないうちにパートナーと触れ合ってしまい、接触感染を引き起こしているのです。

さらに直接的な接触感染がなくても、例えばウイルスの付着したタオルやコップにグラス、箸などの食器類に洋式トイレの便座などを介して感染することもあるのです。
ヘルペスウイルスは、皮膚のほんの小さくて肉眼では見えにくいほどの傷や、粘膜組織から体の中に侵入していきます。
自分は大丈夫と安心してはいけません。
皮膚が健康に見えていても注意は必要なのです。

さらに乾燥性敏感肌の人や、アトピー性皮膚炎の人は、肌も乾燥し皮膚のバリア機能が落ちている人は、乾燥していない人に比べますと、接触感染をする確率は高くなってしまうため、接触感染には十分注意をしなくてはいけません。
皮膚組織の中に入り込んだウイルスは、ウイルス分子を作ってどんどん体の中で増殖し、皮膚細胞から神経経路をさかのぼって神経節という場所へ侵入します。
ウイルスが体の中に侵入してから、すぐに発症する人もいれば、長い潜伏期間を経てようやく肌表面に症状を表したり、何度も症状を繰り返す、もしくは感染しても症状が全く出ないなど、症状の現れ方には個人差が出てしまいます。
感染しても症状が出ないのは、抵抗力が高いからと考えらえます。

このウイルスが発症し、何度も再発してしまう人は、体の調子が悪かったり、免疫力が低下していることによって、潜伏しているウイルスが活性化し、再び神経経路を通って皮膚組織のところまでやってきて、水ぶくれなどの症状が現れてしまうのです。
再び感染したり発症することを防ぐためにも、不規則な生活を避けて免疫力を高めたり、感染の可能性のある人との接触をさけて、接触感染のリスクを避けましょう。


感染する確率は?

疲労が溜まっている中年男性

このヘルペスウイルスですが、実は60代以上の人のほとんどが感染していると言われています。
感染しても免疫力が高い人は、特に水ぶくれなど口唇ヘルペスや性器ヘルペスが現れることはありません。
しかし、疲労が蓄積し、風邪をひいているなど体の免疫力や抵抗力が下がっているときに突如発症することがあります。
ではこのウイルスは、どれくらいの確率で感染してしまうのか。

実はこのウイルスはかなりの確率で感染します。
ウイルスがうつる原因は様々ですが、このウイルスが発症している場合、水ぶくれなどの症状が現れますが、この水ぶくれはウイルスが増殖しているので、絶対に触れてはいけません。
最も危険なのは、この水ぶくれを破いてしまい、その破いた中には大量のウイルスが潜んでいるので、他の人がこのウイルスにうつる確率も圧倒的に高くなります。
さらに危険なのは、その感染した人が使っているタオルやコップです。
共有して使用した場合、接触感染に該当するので、ウイルスがうつる確率が高くなります。
感染するのは、症状が出ている時のみと言われてはいますが、相手も抵抗力が落ちている場合は危険です。

また1歳から4歳の幼児期の時点で感染している子供がいますが、この原因としては、親や祖父母が小さな子供にキスをすることが原因です。
また、学生でやりがちなのは、ジュースの回し飲みです。
これも間接キスで感染リスクが高まるので、避けるべきです。

では、口唇ヘルペスの場合、感染する確率はどれくらいでしょうか。
実は、某大手製薬会社がとった調査では、口唇ヘルペスの原因であるウイルスに感染し、発症する確率は10パーセントと言われています。
発症している人の性別で見てみますと、男性は5・7パーセント、女性は14・8パーセントと女性のほうが男性の実に3倍もの確率で発症しています。
このウイルスは感染して症状が治まったとしても、体の中に住み続け、感染しても10人に1人しか発症しません。
20代から30代では半数以上、60代ではほとんどが感染していると言われています。

また子供のころに感染し、大人になってから発症するというケースも見られます。
一方で性器ヘルペスは、5人に1人、確率で言うと20パーセントもの人が感染しています。
感染者のうち、症状を経験するのは実に80パーセントと高い確率経験し、さらに自覚症状があったという人は20パーセントと、自覚症状がわからないもしくは現れないという人の確率は低くなります。
知らない間にウイルスがうつることで、自覚症状もわからないまま放置してしまい、体調が悪く抵抗力が落ちているときに初めて気づくという人が多いです。

そしてこの症状は男性よりも女性のほうが圧倒的にうつる可能性は高く、その確率はなんと2倍と言われています。
初観戦の特徴的な症状としては、セックスを介して感染してから4日から10日で発症します。
ひりひり感やむずむず感に痛みなどがあり、赤いぶつぶつや水ぶくれ、女性は排尿時に激しい痛みを感じることがあるため、これらの症状があった場合は医療機関へ行きましょう。

妊婦の方は要注意!ヘルペスは母子感染の可能性も!?

妊婦

妊婦が母子感染で胎児に感染させる確率が高く、母子感染によって胎児が感染した場合を新生児ヘルペスといいます。
妊婦さんが分娩するときに母体に性器ヘルペスの感染が確認されると、初感染では50パーセント、誘発型や再発型の場合は1パーセントから3パーセントと、主に初感染の人の母子感染の確率が高くなります
全身型では、生後1週間以内に発症し、肝臓や腎臓に肺や脳など全身の臓器に広がり、うつるため多臓器不全をきたします。

薬を投与しても新生児の57パーセントは死亡してしまいます。
中枢神経型は、中枢神経に感染し、脳炎を起こします。
申請時の死亡率は15パーセントで、2/3の新生児に重篤な後遺症が発生してしまいます。
皮膚型は皮膚に眼、口唇に症状が現れます。

全身型は生後10日までに発症し、発熱や哺乳力が弱く、皮膚異常はないが多臓器不全を起こします。
中枢神経型は、発熱に痙攣、脳炎や髄膜炎症状です。
皮膚型は発熱や水疱です。

出産するときに妊婦さんからヘルペスの症状が認められた場合、母子感染が懸念される妊婦さんからの新生児にたいしては、出産してから新生児の眼や口腔内、耳孔内、鼻腔内、性器から検体を採取して検査をし、経過観察を行います。
妊婦さんの感染が認められた場合、妊娠初期の場合はうつる可能性があるため、性交渉は禁止し、アシクロビル軟膏という薬をぬります。
妊娠後期で発症した場合は、抗ウイルス療法という方法を行います。

ですが、分娩時にヘルペス病変が外陰部にある場合は、帝王切開になる可能性が高くなります。
初感染から1か月以内に分娩になる可能性が高くなります。
また、妊婦さんが症状がないまま病院へ受診し、感染症が見つかることがありますが、その性感染症でクラミジアが1位、ヘルペスは2番目に多いです。

また自覚症状がなく診察する妊婦が近年増加しています。
このウイルスは潜伏期間も長く、感染し再発する可能性が高いです。
また子供のころに感染してしまい、妊娠をきっかけに再発してしまう可能性が十分に考えられます。
もちろん妊婦さんで感染している場合、母子感染で胎児にうつる可能性は高く、血液中にウイルスが潜伏し、へその緒を通って感染したり、産道にウイルスがおり、そこから母子感染をします。
生まれたときは元気でも、2日から3日して突然発熱し、乳も飲まなくなってぐったりし、その後適切な治療をしなければ死亡してしまいます。
例え生存できても神経に後遺症が残ってしまうケースが高く、こうした母子感染が原因で発症してしまうのは1万人に1人と言われてますが、それでも死亡率は30パーセントと高いです。

特に母子感染の確率が上がるのは、妊娠後期に母体が初感染した場合です。
妊婦さんが、出産前にこの症状がわかった場合は、帝王切開をして産道での母子感染を防ぐことができ、赤ちゃんもその後生存できる可能性も高まります。
早い段階でクラミジアやヘルペスがわかった場合、アシクロビルやジスロマックという薬で治療を開始すると、胎児への副作用もありません
早急にヘルペスやクラミジアは薬で治すということを覚えておきましょう。
もちろん妊婦さんに使えるので、外陰部や頸管部にウイルスが確認されなくなれば、母子感染の確率がなくなるので、経腟分娩が可能になります。

油断できないヘルペスの潜伏期間

カレンダー

多くの人が気になるのは潜伏期間です。
一見症状が治ったと思っても、再び症状が繰り返す可能性があります。
この潜伏期間は個人差があり、その時の体調によっても潜伏期間は変わってきます

基本的に潜伏期間は2日から3週間と幅広く、感染した本人が感染したことに気づいていない場合が多いです。
性器ヘルペス感染後、発症するまでの潜伏期間は2日から3週間ですが、平均で10日前後で発症します。
潜伏期間のあとは、感染した部分に水ぶくれができます。
その後水ぶくれがつぶれ、つぶれてしまった後は潰瘍のようにただれてしまいます。
早期発見した場合は、短い期間で治療が可能なので、水ぶくれを見つけた場合早めに医療機関へ行くことが重要です。

また、種類によっても潜伏期間は変わります。
性器ヘルペスの場合は、通常性行為を行って10日前後で発症し、口唇ヘルペスの場合は潜伏期間は3日から7日です。
その時の体調や免疫機能によっても同じウイルスでも潜伏期間が変わってしまうので、気が付くまでの時間にも個人差はあります。
性器ヘルペスは感染者の性器と触れ合うことでウイルスがうつる病気です。
性器ヘルペスの場合、ウイルスは乾燥や熱に弱く感染力はそれほど心配する必要はありません。
口唇ヘルペスがある場合、症状がでる場所が異なりますが、経験者の場合はヘルペスの抗体があるために、性器ヘルペスになったとしても症状がわかりにくいと言われています。

そのため性器ヘルペスになったとしても、症状がわかりにくいと言われています。
また最初に起こった症状よりも、再発した時のほうが症状が少ないために気が付かないうちに症状が発症している可能性があります。
一度感染してしまうと、ウイルスを完全に死滅させることはできません。
一度感染すると腰仙骨神経節の神経細胞に定着してしまうからです。
再発を予防する薬は存在するので、再発を繰り返してしまう場合は、すぐに医療機関へ受診し、適切な処置をしてもらいましょう。
主に泌尿器科や産婦人科、皮膚科にて診察をしてもらうことが可能です。
初めて感染してしまった場合は、その時の体調にもよりますが、症状が重篤化してしまう場合が多いです。
初めて感染してしまった人は、すぐに検査を受けて治療をしましょう。

さらに危険なのは、初めての人が初めて現れるこの水ぶくれを放っておくとどんどん症状が進行してしまい、水ぶくれ以外にも発熱や倦怠感、排尿時に痛みが現れます。
性器周辺に不快な症状が出た場合は、ほとんどが性病の可能性がとても高いので、自分で自己判断せずにすぐに皮膚科や泌尿器科、産婦人科を受診しましょう。
市販の検査キットも存在し、病院へ行かずにできるこの手軽さから人気がありますが、郵送で送るために検査結果が出るまでに時間がかかってしまいます。
性病は恥ずかしいものという固定概念があることで、なかなか病院へ受診ができない人が後を絶ちません。
しかし、女性で妊娠出産を望む場合、治療が遅れると取り返しのつかないことになるので、しっかりと検査をして適切な治療をしましょう。

ヘルペス治療薬にはゾビラックス

ヘルペス治療には薬を使ってウイルスを抑えます。
ヘルペス治療薬には《ゾビラックス》があり、病院の処方薬としても多く使われています。
ゾビラックスには性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などヘルペスウイルスに効果があります。
また、錠剤タイプや軟膏タイプ、ドライシロップ、点滴など多くの種類があります。
ヘルペス治療薬にはその他にもバルトレックスがありますが、薬の値段が高いのがデメリットとして挙げられます。
ゾビラックスはバルトレックスよりも薬の値段が安いので、コストを抑えて治療することができます。

ゾビラックスの服用量には錠剤タイプの場合は症状によって服用方法が異なりますが、性器ヘルペスや口唇ヘルペスの場合はゾビラックス200mgを1日に5回服用します。
帯状疱疹の場合はゾビラックス800mgを1日5回服用します。
これらの服用量は症状によって異なる場合があるので、注意が必要です。