知ってましたか?ヘルペスウイルスは基本的に一度感染すると一生付き合って行かなければいけないウイルスです。ウイルスの活性化を抑え、しっかりと知識をつけて生活するだけで発症を免れるのです。

赤ちゃんにもうつる可能性が・・・ヘルペスの恐怖

赤ちゃん

風邪などをひいて体の免疫力が低下している時や、女性の場合生理前後のホルモンバランスが崩れるタイミングなどに合わせて、唇の周りに小さな水ぶくれがポツポツと出来てしまい、痛みや痒みが出てしまう症状を「口唇ヘルペス」と呼んでいます。
この唇周りに出来てしまうヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型と呼ばれるウイルスが感染してしまうことで、症状が出てしまいます。
ただ元気な状態の時にはヘルペスのウイルスは皮膚の中に潜伏していて、症状が出にくいため感染してしまってもわかりにくい場合が多く、誰から感染してしまったか判断しにくい特徴があるのです。

そのため多くの方はヘルペスに感染していても、症状が出てくるのは1年に一度程度だと言われており、症状も約二週間ほどで水ぶくれが自然に破れて、かさぶたとなり症状が治癒するのであまり心配をしている方は少ないと言われています。

しかしご家庭に小さな赤ちゃんがいる場合、口唇ヘルペスの症状が出た経験のある人は接触感染を起こさないように注意をする必要があります。
特に共同生活をしている時にタオルを感染者とそうでない人とで使いまわす事や、食事の際にコップで回し飲みしたりするだけでもうつる可能性が高いので、大人に比べて体の免疫力が低い赤ちゃんがいる場合には、症状が出てしまっているご家族がいる場合スキンシップは出来るだけ避けたり、患部に薬を塗ってラップをしておくなど赤ちゃんが直接触れることが内容に気をつけることで感染を未然に防ぐことが出来るようになります。

また顔を拭く時に使用するタオルや、コップは出来るだけ分けることや、患部を触らないように気をつけるなど対策をとるだけでも感染を防ぐことは充分に可能です。

免疫力の低い赤ちゃんがウイルスにうつると、体が成長しきっていないためウイルスによる水ぶくれをはじめ、合併症を引き起こしてしまう可能性が高いです。
特に脳炎や歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症など様々な合併症を引き起こす原因となりますので、ご家族で症状が出てしまった場合は、直接赤ちゃんにキスをしたり、同じコップで飲み物を与えたりすることは絶対にしないようにしましょう。

普段からどうすればウイルスがうつるのか、対策方法を意識しておいたり家族ごとで使用するタオルなどを使い分ける習慣をつけておくと未然に感染してしまうことを防ぐことが出来ますし、症状が出てしまったらすぐに病院に相談するようにしましょう。

感染が発覚したらすぐさま病院へ

万が一赤ちゃんに症状が出てしまったと感じた場合には、すぐに病院にいくことが大切になります。
ただ口唇ヘルペスは、人によってヘルペスの症状が出る部位が異なりますので、唇の付近に出来る場合もあれば口の中に口内炎となってしまう場合もあります。
口付近に出来る症状なので一般的に耳鼻咽喉科を受信する場合も多いのですが、皮膚科や内科でも症状を診てもらうことが出来ますし、小さな赤ちゃんの場合は総合的な治療を受けることが出来る小児科にいくことで、適切な処置や薬の処方をしてもらえるので、きちんと治療を行うことが出来るようになります。

また、妊娠中の妊婦さんで口唇ヘルペスの症状が出てしまった場合も、服用する薬の影響が赤ちゃんにある可能性がありますので、産婦人科などの病院に受診し診察を受けることも大切になります。
赤ちゃんの口唇ヘルペスは、合併症の原因となる可能性が高いので免疫力が低い時期だからこそ、口唇ヘルペスの症状が出てしまったことのある方は、普段の生活習慣を見直して体の免疫力が低下しないように気をつけることが大切になりますし、赤ちゃんの様子も普段からしっかりチェックして何かしら症状が出ていないか確認することが大切です。