知ってましたか?ヘルペスウイルスは基本的に一度感染すると一生付き合って行かなければいけないウイルスです。ウイルスの活性化を抑え、しっかりと知識をつけて生活するだけで発症を免れるのです。

女性に多くみられる性病~カンジダ症~

性病であるカンジダ症は女性に多くみられてとくに、膣の中で菌が増殖しやすい傾向があります。
人からうつされる場合もありますが、カンジダ菌は常在菌であり、だれでも保有しているため、性交渉をしていなくても発病する可能性はあります。

普段は膣だけでなく、口の中や消化管などにも常在していて、悪さをしだすのは体力が低下して免疫力が落ちているような時です。
風邪や病気のとき以外でも仕事の疲れやストレスがたまっているとき、生理前後や出産などによるホルモンバランスの乱れなども関連して発症することがあります。

性病の膣カンジダの症状として、女性が発症した場合、主に膣や性器周りにかゆみを感じます。
また、膣から分泌されるおりものにも変化があって、粘度が高く普段は透明なものが白あるいはカッテージチーズのような状態に変化してくるので分かりやすいです。
人によっては、排尿時や性行為のときに痛みを感じる人もいます。

生理が近づくとおりものにも変化が出るため、気づきにくい場合がありますが、かゆみや痛みがあったら性病のカンジダ症になっている可能性を疑ってクリニックで検査を受けるべきです。
我慢できないほどのかゆみでかきむしりたいほどだと可能性が高くなります。

女性の性病には、似ている症状で違った疾患も存在していますから、勝手に判断して市販されている薬を使うことは得策ではありません。
必ず原因を調べてから、適切な対処をしましょう。

治療を終えるまでは、他の人に感染させないように生活の中で配慮が必要です。
性行為は厳禁ですし、家族で同じタオルを使いまわしたりすることも良くありません。
症状を悪化させる行為に、陰部を不潔にすることが挙げられますが、石鹸で強く洗いすぎると炎症を悪化させる懸念があるため、洗い流す程度にとどめて刺激を与えないようにします。

お風呂から上がった後はできるだけ乾燥させてから下着を身につけるべきですし、生理中はタンポンの使用を避けるとともに、ナプキンをこまめに交換してできるだけ湿気がたまらないようにすることが肝心です。
消化管に菌がいることが高いため、トイレでお尻を拭くときは前から後ろに拭くようにしないと、性器に菌を感染させやすくなってしまいます。

クリニックで薬を処方されて使用を続けていると、だんだんと症状が落ち着いてきますが、勝手に使用をやめるのではなく医師に使わなくていいと判断されるまでは継続するようにしないとすぐに再発する可能性があります。

包茎の男性もなりやすい性病

男性は一般的に症状を訴えることが少ないとされているカンジダ症ですが、包茎の治療を行っていない場合には亀頭包皮炎を起こす場合があります。
男性の性器は女性と違った構造をしているので、普通は菌の著しい増殖はおきにくいですが、包茎の場合は常に包まれてしまっていることで蒸れているため、カンジダ菌の増殖しやすい環境をつくってしまいます。

患部がかさついたり、包皮に白いカスのようなものが多くみられるようになった場合、亀頭部分に赤いぶつぶつなどが見られるときには早めにクリニックに行きましょう。
自然に治すことは難しく、包茎で不衛生になりやすいため放置すると徐々に悪化してくことが考えられます。

包茎の男性がカンジダ菌を患うリスクを避けるためには、やはり包茎の治療を行うことです。
包茎は汚れや垢がたまりやすく、他の病気を患う場合もありますし、性行為のときに不便さもあります。

カンジダ症の女性と性行為を行った懸念がある人は、まだ発症していない段階でもクリニックにいって相談しましょう。
男性が感染した場合も、市販の軟膏などでは解決が難しく、炎症が悪化してしまうと包茎の場合排尿が困難になる危険もあります。
男性の場合は、クリニックでしっかり治療を受けることで、女性のように何度も再発する可能性は少なくなります。

Recommend
No articles