知ってましたか?ヘルペスウイルスは基本的に一度感染すると一生付き合って行かなければいけないウイルスです。ウイルスの活性化を抑え、しっかりと知識をつけて生活するだけで発症を免れるのです。

人だけじゃない!猫にもあるヘルペスの症状

ヘルペスは、ウィルス感染によって起こる単純疱疹と帯状疱疹の事を総称し、一度でも感染すると体内に潜み、免疫力の低下時に症状をあらわす厄介な疾患です。

人間にとってはこのヘルペスは珍しくなく、誰でもかかる可能性がありますが、動物にもこの疾患は猛威を振るいます。
特に猫の場合はその症状は出やすく、風邪の症状などに似ている事から、適正な治療を施さずにいる事で重症化し、取り返しのつかない事になる事もあります。

猫にかかるヘルペスは、猫ヘルペスウィルス感染症であり、猫ウィルス性鼻気管炎とも呼ばれています。
風邪にそっくりな症状が出る事から、通称、猫風邪と言われ、くしゃみや鼻水、よだれや発熱を起こします。
さらには、目ヤニや結膜炎などの症状もあります。

感染経路は、口や鼻や目の分泌物にヘルペスウィルスを持つ猫との接触によって、感染するというのが一般的です。
特に、家猫より、外に出かける猫の方が、様々なウィルスや病原菌を貰い受ける事が多いので、ヘルペスにもかかりやすいと言えます。

動物病院などでの定期検診や、三種混合ワクチンなどを受けている場合は、悪化を防ぐ事は出来ますし、適切な治療によって大事に至る事はありません。
特効薬というものは残念ながら無いのですが、症状に対しての対処療法を行う事で、症状の緩和や改善を目指します。
反対に、定期的に病院に通わず放し飼いにされている場合は、それだけ感染のリスクが高まります。

このヘルペスは、初期の場合は風邪のような軽い症状ですが、悪化すると結膜炎が角膜炎となり、潰瘍が出来る事で失明や、眼球摘出もありえます。
皮膚炎や神経症状に流産などの危険も伴います。
特に
感受性が高い子猫の場合は、ウィルス血症や肺炎により重症化し、取り返しのつかない状態を引き起こす可能性が高いです。

初期症状では風邪の症状と似ているため、早急に病院に駆け込む事はあまり無いかもしれませんが、放置している間に、ヘルペスのウィルスは増殖して暴れだし、一気に様々な症状を引き起こします。
それ故に、軽いくしゃみや目ヤニなどの症状であっても、専門医の診察を受けさせるべきです。

医師による正しい診断と適切な治療によって悪化を防ぎ、大事な家族であるペットを守る事は、飼い主の大切な役目です。
処方された薬に加えて、温かい場所での看病と栄養などの管理を行い、体力回復を図ります。

ただし、このヘルペスウィルスは一旦良くなったように見えても、体内に潜伏し続けており、免疫力が落ちた時や病気によって体力消耗を起こしている場合は、再度ウィルスが活動してしまいます。
その為、再発しやすい疾患だということは意識しておく必要があります。

猫から人に感染することはないが、なめてはいけない

再発の可能性が高いヘルペスウィルスですが、接触率の高い人に対しての感染はどうでしょうか。
家族の一員として飼われている以上、人との接触は不可欠です。
感染の心配をする事は、もっともだと言えます。

実際には、猫と人のヘルペスウィルスは型が異なるため、感染する事はありません。
普通に接触する分には問題は無いと言えるでしょう。
ただし、ヘルペスウィルスに限らず、パスツレラ菌などの他の細菌を持つ場合もありますから、猫との口移しなどの粘膜接触は避けましょう。
特に、妊娠初期に菌によって初感染し、予期せぬ症状が起こる事もあるので、妊娠中の女性は気をつけるべきです。

逆に、人から猫に感染する場合もある事を覚えておいて下さい。
それは、飼い主が外で他の猫との接触を行った手で、飼い猫に触れる場合です。
野良猫などの場合は、ほとんどが多くの細菌保持者であると考えて良いです。
その為、可愛いからとむやみに触れる事で細菌を持ち帰ってしまい、その手で戯れる事で結果的に感染させてしまいます。

このように感染ルートは予期せぬ場合もある事から、飼い主の注意が必要になります。
可愛いペットと長く暮らすためにも、適切な予防と治療に加え、正しい知識と意識を持つ事が必要となってくるのです。