知ってましたか?ヘルペスウイルスは基本的に一度感染すると一生付き合って行かなければいけないウイルスです。ウイルスの活性化を抑え、しっかりと知識をつけて生活するだけで発症を免れるのです。

ヘルペスに有効な市販薬もある

疲れや風邪、寝不足などが引き金になることが多く、唇や口の周りに小さな水泡が密集してできたり、痛みやかゆみを引き起こす症状があるヘルペスは、水泡ができる前にちりちりとした痛みや熱い感じなどが出ることが多く、その後しばらくたつと、水泡ができて、水泡ができているあたりが腫れているように感じるようになります。
水泡が破れると、ただれになって、かさぶたができるという経緯で、自然におさまっていくことが一般的なヘルペスの症状です。

個人差があるのですが、ちりちりした感じなどの症状が出始めてから、感知するまでにはおよそ2週間ほどかかることが普通で、再発を繰り返すため、疲れや風邪、睡眠不足などで体力が低下すると再発し、何度も繰り返す間に免疫の働きにより、症状が軽くなっていく傾向があります。
ヘルペスに最初にかかったときには、ウィルスに対する免疫ができていないため、重症になることがあり、ヘルペスかどうかの診断も含めて、病院に行って、診察を受けることが大切です。

口元にできたヘルペスの薬は、数年前まで、病院で処方してもらう以外の対処法はありませんでしたが、軟膏やクリームなどの外用薬が市販薬として認められるようになりました。
最初の感染ではなく、病院で口唇ヘルペスと診断されたことがあり、同じ症状の場合に限られますが、市販薬を使用することができるようになりました。

市販薬を使って治療をすることができるようになったため、ちりちりやひりひりを感じたら、すぐに市販薬を塗ることができるようになり、早く治すことができるようになったことは、再発を繰り返す人にとって大きなメリットで、不快な症状を感じる期間も短縮することが期待できます。
唇に違和感を覚え始める時期は、ヘルペスウイルスが活発に増殖している時期なので、早めに塗って、早期に増殖を抑えることで、症状の回復を早めることができるところが大きなメリットです。

使用方法は簡単で、1日3~5回程度、唇の違和感を覚える部分に塗るだけです。
食後や就寝前などの、塗りやすいタイミングを選んで、塗るようにすると、塗り忘れを防ぐことができます。
10日ほどの使用期間が目安で、かさぶたができて、患部が乾燥してきたら、使用をやめることができます。
不快な症状を感じる期間を短縮するためには、ちりちりしたり、ぴりぴりしたりした場合に、1回目の塗布をすぐに行うことがポイントです。
また、継続して、ウィルスの増殖を抑えるために、毎日塗りやすいタイミングで良いので、間隔をあけすぎずに3~5回程度忘れずに塗ることも大切です。

購入する際の注意点もある

唇にひりひりとした違和感を覚える口唇ヘルペスの再発のときに、市販薬を早めに塗り始めることで、ウィルスの増殖を抑える効果が期待でき、症状を感じる期間を短縮することができます。
購入する際には、以前病院で口唇ヘルペスと診断されたことがあり、前と同じ症状であることが条件で、薬剤師が確認するので、最初の感染の場合には、自己判断をせずに、病院で診察を受けることが注意点です。

また、ヘルペスの市販薬は、第一類医薬品であるため、薬剤師がいる薬局でしか買うことができないことも注意点です。
ドラッグストアの中には、薬剤師がいない店舗があり、薬を取り扱っていても、薬剤師がいないと販売することができない店舗もあります。
事前に確認するか、店の販売員に聞いてみると分かるので、すべての薬局やドラッグストアにヘルペスの一般薬があるとは限らないことを知っておくことが注意点になります。

また、ヘルペスの市販薬は、口唇ヘルペスにだけ使うことができ、体のヘルペスには使うことができないことも、重要な注意点です。
体にヘルペスができたと感じた時には、すぐに病院に行き、医師の診察を受けて、治療を開始することが必要です。
この場合にも、早く治療を始めることが、治療期間を短縮することにつながるので、違和感があったときにはすぐに病院に行きましょう。