知ってましたか?ヘルペスウイルスは基本的に一度感染すると一生付き合って行かなければいけないウイルスです。ウイルスの活性化を抑え、しっかりと知識をつけて生活するだけで発症を免れるのです。

ヘルペスが目にできることも

疲れているときにヘルペスが出てしまう人や、発症したこともない人もいるでしょう。
一般的には、口の周辺に水疱が出来ることが知られていますが、いろいろなところに出来るので、目に出来ることもあります。
ヘルペスウイルスは、感染しても症状を発症せず、神経節の潜伏しています。
感染はしているのですが、普段は症状が出ない状態です。
疲れている時に出やすいのは、抵抗力や免疫力が低下している時に潜伏していたものが活性化し、発症するためです。

目にできるものに、角膜ヘルペスがあります。
目の角膜部分にヘルペスが出来てしまうものです。
黒目の部分をイメージすると良いです。
口の周りに出来るヘルペスと同じ種類のウイルスです。
目の後ろにある三叉神経節にもウイルスが潜伏していることがあり、疲れた時や抵抗力が弱っているときに角膜の表面に症状として出てきます。
その人が一番弱っているところに出現するので、人によって出る部位が異なります。

具体的な症状は、目が痛くなったり、視力の低下、目ヤニ、目のゴロゴロとした違和感、涙目や充血などが挙げられます。
この症状が出ただけで角膜ヘルペスだと気づける人は少ないので、病院を受診しましょう。

角膜ヘルペスには上皮型と実質型に分けられます。
上皮型は、ウイルスが角膜の上皮層に栄えて、感染した上皮の細胞が透けて見えるものです。
木の枝のように潰瘍が広がっていきます。
視力が低下しても軽度で済むことが多いです。

実質型は、角膜の中心層である実質層でウイルスに対する免疫反応は起こり、炎症となるものです。
角膜は腫れ、濁ってきます。
視力はかなり低下するといわれています。
上皮型よりも実質型の方が症状は深刻です。

目に違和感があっても花粉症のアレルギーがある人も多く、放置してしまいがちです。
花粉症のアレルギーは両目に発症することが多いですが、角膜ヘルペスは片目に発症することが多いといわれています。

角膜ヘルペスは再発しやすいので、注意しなければなりません。
大丈夫だと思っていてもウイルスは潜伏しています。
根気強く向き合うことが大切です。
また、唇にヘルペスが出来た時に、唇の水疱を触って、目をこすったりすると感染してしまう危険性もあるので、触らないことが大事です。
角膜ヘルペスは他人に感染することはほとんどありませんので、そこまで神経質にならなくても良いです。
しかし、幼児など小さな子供は、ヘルペスに感染していないことが考えられるので、移さないように注意しましょう。

失明の危険はあるの?

目にヘルペスが出来るということは、ひどくなれば失明してしまうのではないかと考える人も多いです。
目の周りに出来ているものは、失明の危険性は低いですが、角膜ヘルペスは失明する可能性があります。

実質型の場合は、角膜が濁るので、濁りが残ってしまうと視力が弱り、難しくなります。
視力が著しく低下してしまうと角膜移植が必要となります。
早めに治療を行い、完治させることが大切です。

病院を受診すれば、薬を渡されます。
ひどくなっていない場合であれば、ほぼ完治出来るでしょう。
しかし、ひどくなってしまえば点滴や抗ウイルス薬も併用することがあります。

もともとヘルペスは再発しやすいウイルスです。
もらった薬があるからと、病院に行かずに自己判断をするのはとても危険です。
必ず眼科を受診し、診断してもらうことが大切です。
そして、ヘルペスは免疫力が低下している時に症状が出るので、日ごろから免疫力が低下しないようにすることが重要です。
ストレスを溜めないこと、栄養をしっかり摂ること、規則正しい生活をすること、そして適度な運動をすることも効果的です。
当たり前のことですが、免疫力を低下させないためには、毎日の生活をどのように送るかが大切です。